シャーロック 国内ドラマ

シャーロック5話のネタバレ・あらすじ・感想!消えた遺体の真実とは?

投稿日:

ドラマ『シャーロック』5話が11/4(月)に放送開始されました。

ゲストは町田役を演じる永井大さんです。

この記事ではシャーロック5話のネタバレ・あらすじ・感想を紹介していきます。

シャーロック5話の見逃し動画は『FODプレミアム』で視聴することが可能です。

シャーロック5話のネタバレ・あらすじ

スプラッター映画のような事件現場

若宮潤一(岩田剛典)は研究対象としては興味深いとして誉獅子雄(ディーン・フジオカ)の性格診断をしていた。真面目に答えない獅子雄に「同居人なら家賃を半分持て」「今まで一銭も払ったことない」と不満をぶつけていた。

そこに江藤礼二(佐々木蔵之介)が事件の捜査協力を要請しにやってきた。事件は彼氏の留守中に部屋に入った女からの110番通報で発覚した。室内には大量に血液、バスルームには電動ノコギリと枕には凶器と思われる包丁が刺さっていた。

だが被害者の姿がなく、目撃証言も車で運び出した形跡もないと言うのだ。

その部屋の持ち主である町田卓夫(永井大)は現場検証中に部屋に戻ってきた為、署で江藤と小暮クミコ(山田真歩)が取り調べを行った。町田「俺は関係ない」の一点張り。しかも政治家の息子であることから捜査も手を緩めるよう上が介入してきた。

江藤は組織が動かない時こそ探偵の腕の見せ所だと獅子雄に助けを求める。若宮も「報酬は前払いで」とお願いし、江藤の見方をする。気乗りしない獅子雄に「死体が歩いたのかな?」と江藤がけしかけると「死体は誇り高い。生きてる人間のようにうろうろしたりはしない」と獅子雄は捜査にやる気を見せた。

遺体が見つからない謎

捜査資料から致死量の血液を確認する獅子雄と若宮。部屋に残されたシャツにはT.Inuiの文字が。町田と同じ会社に勤める乾貴之のものだと推測された。その理由に、乾は2日前から行方が分からなくなり、家族から捜索願が出されていた。

DNA鑑定の結果町田の部屋から検出された血液は乾のものと一致した。しかし不自然な点もあり、電動ノコギリと包丁からは皮膚片が採取できていないことと、血液が発見されたのは寝室とバスルームだけということだった。

獅子雄と若宮は町田に話を聞きに来ていた。町田は、110番通報した女性はポストに入れていた合鍵で部屋に入ったことや最近つけられているように感じていたことなどを話し、貴之については「俺は関係ない」「無実を証明してくれ」と言う。

獅子雄は町田が貴之の話をするときにだけスマホを気にしていることを指摘し、「知っていることを隠さず話せ」とスマホを見せてもらうとそこには血液が発見された日、貴之から『町田主任あなたをパワハラで訴えます 異論があれば今すぐ会社まで来てください』というメールがきていた。

町田が貴之に会いに出かけている間に、部屋が血まみれにされたようだ。獅子雄は町田がはめられ、貴之は生きているかもしれないと推理し、致死量をはるかに超える出血量から医師として生きてる可能性はないという若宮に献血は何回しても死なないことを示唆する。

パワハラの事実

貴之の母親・千沙子(若村麻由美)は江藤に「パワハラのことは息子から聞いていた」「余計なことを言うと貴之が帰ってきたときに会社に戻りにくくなる」と語る。江藤から発見された血液は貴之のものだったと告げられるも「遺体が発見されたわけじゃない」と、息子が今もどこかで生きていると信じている様子だった。

獅子雄と若宮は、貴之と町田の勤める会社へ行く。社員は皆口を揃えてパワハラはなっかたと話す。しかしそれは全て嘘だと見抜いた獅子雄と若宮の元に、貴之と同じ設計部の清水が声をかけてきた。

町田は相手が自信を失い、病むほどのひどいパワハラをしていたと言うのだ。獅子雄は貴之の気持ちがよく分かっていると清水をおもんぱかった。

彼女と食事をしている町田のスマホにメールが届き、町田は内容を見て動揺する。その後町田は夜道で襲われ、全治6週間の怪我を負った。病室に来た江藤に犯人の顔を見ていないのに貴之の犯行だと言い、スマホを差し出す。そこにはパワハラの状況が分かる内容の音声が貴之から送られてきていた。

次の日貴之の母親はメディアのインタビューに対し、貴之が町田からパワハラを受けていたことを告発する。

母親が語る息子への思い

貴之の母親・千沙子の話を聞きに乾宅を訪れた獅子雄と若宮。

獅子雄はモーツァルトのレクイエムが流れる部屋で、千沙子が貴之からパワハラについて打ち明けられていたわけではなく母親だから見ていて分かったこと、夫の貴久(小市慢太郎)が女のところへ行っていて家に帰ってこないことが増えたことを打ち明けた。

獅子雄は貴之の部屋の様子を確認し、リビングにあるグッピーの水槽や少し時期が早いクリスマスツリーについても千沙子に質問した。

乾宅を後にした若宮は獅子雄に、千沙子の手首の包帯が医療関係者の巻き方だったことを伝え、どこの病院で看護師をしていたのか調べるよう頼まれる。そして獅子雄は貴之がもう死んでいると思うと言うのだった。

獅子雄と江藤は、貴之の同僚である清水を呼び出した。清水が町田のパワハラについて語ったときのことを指し、かつては自分がパワハラを受けており、その矛先が貴之に向いてからは町田と一緒になって貴之をいじめていたと問い詰める。

清水の元にも貴之からメールがきており、町田と清水の貴之へ対するいじめの様子が伺える音声が届いていた。

事件の真相、壊れた家族

若宮は町田の病室を訪ね「あんたが乾貴之を殺した」と睨みつける。

獅子雄は乾宅で千沙子に「息子さんの居場所がわかりました」といい、クリスマスツリー横の扉を指さす。そこにしまっていたいたクリスマスツリーをこんな早い時期に出したのは、そこに代わりに貴之を入れているからだと。そしてモーツァルトのレクイエムを聴き、貴之を悼んでいたのだと指摘する。

大きな水槽にグッピーが2匹しかいないのは水槽のポンプを抜いた為、死んだからだ。そのポンプで貴之の血を抜いたという。

黙ることを要求する千沙子を制し、獅子雄は事件の語り始める。

貴之の死因は自分の部屋のドアノブに首をつっての自殺。それを発見した千沙子は若宮が調べた、オペナースだった頃の経験を生かして貴之の蘇生を試みた。手首はその時に痛めたものだった。息子の死を確認した千沙子は息子の遺体を利用し、町田のパワハラを告発することにした。

ごみ置き場にあった大量のドライアイスの箱は、エンバーミング、すなわち死体保存法を知っていた千沙子が貴之の血液を抜くためのものだった。

それを町田の部屋にぶちまけた千沙子だったが、千沙子の復讐は失敗した。寝室とバスルーム以外の部屋の床や壁に血痕がなかったことが血液だけを動かしたことを意味したのだ。

獅子雄は無念は分かるといい、町田と清水のパワハラの音声を流す。証拠があれば訴えられるからと千沙子が録音させたものだった。

「貴之は殺された」と息子への思いを嘆くいう千沙子に、全ては見えていないと言う獅子雄。

貴之の父・貴久(小市慢太郎)が向かう部屋を着き止めたレオ(ゆうたろう)。獅子雄がその部屋を訪ねると貴久には愛人などおらず、一人寂しそうにコンビニ弁当を食べていた。

千沙子が貴之にばかり愛情を注ぎ、貴久はネグレクトを受けており、一人で息抜きできる部屋を借りていただけだった。貴之は父の貴久に『ごめん 僕もう無理 お母さんと仲良くして』というメールを送っていた。

獅子雄は千沙子に『お母さん 解放してくれ』と読めるといい、息子を解放してあげてと伝えた。千沙子は遺体の貴之に対し「私があなたを殺したの?ごめんなさいね」と泣きながら寄り添った。

全ての終わり

若宮はネットニュースを読み「パワハラのことは書かれていない」と呟く。獅子雄は法律的に町田は被害者で、母親の千沙子は死体遺棄、死体損壊、住居侵入の罪に問われることを説明した。

若宮は獅子雄の後ろ姿を見ながら この男と僕の関係にもいつか終わりは訪れる 幸せな結末ではない そんな気がした と思いを巡らせていた。

シャーロック5話の感想

次回シャーロック6話は11月18日(月)に放送開始となります。

-シャーロック, 国内ドラマ

Copyright© 動画配信サービス比較!おすすめ5選と失敗しない選び方 | VODイズム , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.